犬のアトピー性皮膚炎は、遺伝、体質、生活環境、食事、ストレスなど、様々な要因が複合的に重なり合う事で発症すると言われています。



アトピー性皮膚炎は、化学物質や有害金属、食べ物や薬などのアレルギー物質(アレルゲン)を、皮膚から体外へ排出しようとする免疫反応によって生じる皮膚疾患です。



犬のアトピー性皮膚炎に

人にも犬にも優しい安全な除菌ミスト

アトピー性皮膚炎の原因

 

犬のアトピー性皮膚炎は、体内のアレルギー物質を体外に排出しようとする免疫反応が、皮膚で起こる状態を言います。


その原因となるアレルギー物質(アレルゲン)は、花粉やカビ、排気ガスやタバコの煙など、空気中に浮遊している物質や、牛肉や豚肉、小麦や大豆などの食事に含まれる特定のたんぱく質などがあり、そのようなアレルギーを引き起こす可能性のある物質は、他にも数多く存在しています。

 

呼吸によって肺から体内に取り込んでしまう場合や、食事によって胃や腸からの消化吸収によって体内に取り込んでしまう場合などがあります。

 

アレルギー物質の許容量や種類には個体差があり、もともと遺伝的に反応しやすい場合もありますが、一度に大量のアレルギー物質を取り込んだり、長期間取り込み続けて体内に蓄積するなど、一定量を超えて体内に取り込むと、そのアレルギー物質を体が記憶するため、それを排除しようとする免疫反応が過敏に激しく働くようになっていきます。

 

それにより、体内に取り込むアレルギー物質を少なくしない限り、皮膚の炎症が慢性的に生じるようになります。

犬のアトピー性皮膚炎は、皮膚に生じるアレルギー反応で、慢性的に痒みや炎症が持続する特徴があります。
柴犬、シーズー、ミニチュアダックス、トイプードル、ラブラドールレトリバー、ゴールデンレトリバーなどの犬種は、遺伝的素因によって、アトピー性皮膚炎にかかりやすいと言われています。