犬のアトピー性皮膚炎は、遺伝、体質、生活環境、食事、ストレスなど、様々な要因が複合的に重なり合う事で発症すると言われています。



アトピー性皮膚炎は、化学物質や有害金属、食べ物や薬などのアレルギー物質(アレルゲン)を、皮膚から体外へ排出しようとする免疫反応によって生じる皮膚疾患です。



犬のアトピー性皮膚炎に

人にも犬にも優しい安全な除菌ミスト

アトピー性皮膚炎の症状

 

犬がアトピー性皮膚炎を起こすと、局所的に被毛が薄くなったり、皮膚の発赤が見られるようになります。


また、皮膚に湿疹や蕁麻疹が現われたり、かさかさに乾燥してフケが多くなる場合もあります。

 

犬は昼夜を問わず強い痒みに悩まされるようになるため、何度も痒い場所を噛んだり引っ掻いたりする仕草を繰り返すようになります。


そのため、皮膚が傷付き、出血や化膿が伴う場合もあります。

 

症状は、目や耳、口や顎の下、指の間や足の付け根、脇の下やお腹、性器や肛門周辺など、皮膚が薄い部分に現われる場合が多い傾向にあります。

 

症状がひどくなると病変が全身に及ぶようになり、外耳炎を併発する場合もあります。

 

長い間、アトピー性皮膚炎の症状が続き慢性化している場合には、細菌や真菌(カビ)などに感染して皮膚が黒ずんだり、膿を含んだ膿疱ができたり、被毛が抜け落ちて象の皮膚のように厚く硬くなる事もあります。

犬のアトピー性皮膚炎は、皮膚に生じるアレルギー反応で、慢性的に痒みや炎症が持続する特徴があります。
柴犬、シーズー、ミニチュアダックス、トイプードル、ラブラドールレトリバー、ゴールデンレトリバーなどの犬種は、遺伝的素因によって、アトピー性皮膚炎にかかりやすいと言われています。